岡本太郎美術館に行きました

今日は生田緑地の中にある岡本太郎美術館に行きました。

2日に再開したばかりで、旅行客や団体客がいないので、ゆっくり見ることができました。今だけ常設展も企画展も撮影可ということで、パシャパシャ。

ちいたいはと言うと、見てるんだか見てないんだかって感じでした💦

太陽の塔は、大阪では中央環状線を通るたび、モノレールに乗るたびに見えたし、万博公園にも何度も遊びに行ったので、ちいたいもバッチリ知っています。生田緑地には「母の塔」というシンボルタワー(写真左上)があっていつも太陽の塔を思い出します😅

美術館の一画で岡本太郎が話しているVTRが流れていて、

ひとが「あらいいわねえ」なんて言うのは、「どうでもいいわね」と言ってるのと同じなんだよ。「なんだこれは!」っていうものが芸術なんだ。

みたいな事を言っていたのが印象的でした。

岡本太郎の作品は好きか嫌いかと言われたら、岡本太郎みたいな人が描いたと思うと好きかも、爆発してるし!って感じです😅とにかくパワーをすごく感じました😊私はどちらかと言うと立体作品の方が好きかな。岡本太郎自身の墓碑にもなっている作品「午後の日」とか、穏やかで平和な感じが好きです。

そんなわけで、ミュージアムショップに前から気になっていた本が置いてあったので買ってしまいました。あとはちいたい用にハンカチを。

その後、美術館のカフェテラスでパフェとコーヒーをいただき、いつものように散策コースを歩いてバドミントンで汗を流しました😊

コメント

  1. 太田 尚武 より:

    岡本太郎美術館、良かったですね!!たくさんの写真をうまく組み、美術館の雰囲気がとてもよくわかって、楽しく見させていただきました。ありがとうございます!彼のモットー、”芸術は爆発だ!!”がよく伝わってきます。多分私も立体の方が好きです。ちいたい君に、”あの中で何が面白かった?”って、思い出して描いてもらったら、何を描くかな?面白いと思ったものの記憶がどう残っていて、どう表現できるか興味があります。
    ちいたいくんは、目の前にあるモノや景色を、しっかり見て描く能力は素晴らしいとおもいますので、今度また行くとき、スケッチブックを持って行って、気に入った立体、おもしろい形をしたオブジェを写生してみたらいいかも・・・。写真OKなら写生もOKでしょう?
    タイサンボク咲きだしましたね。あの大きな白い花弁は、蓮の花とおなじで、朝お日さまとともに咲き出して、夕方になると少しすぼまり、何日か繰り返して、パタリと散っていきます。気品があってだいすきな花です。

    • kazuchan より:

      太田さん、コメントありがとうございます!
      車で行けますし気軽に何度も足を運べると思うので、空いているうちにスケッチブック持ってまた行きたいと思います。
      今日太陽の塔を思い出して描いてもらったら自信なさげに面白い絵を描きました(^^)
      見たこともない大きい白い花をつけた木があったので、なんだこれは!と思い近づいたら「タイサンボク」と書いてあって、これが太田さんが描いていたタイサンボクかぁと思わずパチリしました(^^)

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました